レコードやカセットテープを引っ張りだしてみました

0
    FBのお友達からで回ってきた「影響を受けた音楽のバトン」
    きっとみなさん自粛で自宅に居て時間があるので様々なバトンが回っているようです。
    HPでも改めてアップ致します。

    保持しているレコードとカセットテープをご覧ください。

    初めて自分のおこずかいで買った洋楽はBEATLES
    記念すべき1枚目のレコード。 ヘイ・ジュードは擦り切れるほど聴きました。

    7歳上の兄の影響で、小学生低学年から狭い家の襖を隔てた隣の部屋から
    否応なしに爆音で聴かされていたから、自然に音楽にハマっていきました。


    休みの朝は9時くらいから兄の部屋から聴こえてくる、
    ウエスモンゴメリのロードソング。 ビートルズの曲のカバーも凄くて小学生からハマってました。


    セルジオメンデスとブラジル66
    軽快なリズムと日本語でも英語でもない曲に初めてハマったアルバム



    当時、浅川マキさんに出会って衝撃を受けました。
    アルバム全部が暗くて重たくて、まだ小学生だった私には、ストーカー(当時はこんな表現は無かった)の曲みたいな「かもめ」とか
    「ふしあわせと言う名の猫」など真っ暗な世界に誘われた心地良さを感じていた。


    中学1年生から新聞配達のアルバイトをして、まずYAMAHAのフォークギターを買いました。
    そしてフォークソング部に入部。
    フォークギターでユーミンの曲を弾こうにも難しくて、押さえられないコードばかりだったが、拙いギターで弾き語りの練習をしていた。
    「洋楽しか買ってはいけない」と言う兄からの縛りだったけど、
    ユーミンのレコードは兄のステレオでかけてもいいと許可がおりました。


    大好きなボーカリスト 「ジャニス・ジョップリン」
    私の神であります!
    中学、高校になって取り憑かれたように聴いていた。
    毎日のように爆音で聴きながら一緒に泣きながら吠えていた。
    ほとんどの曲が哀しみに満ちているように聴こえた。
    けれども、泣きながら吠えた後には気持ちが晴れる。
    こんな表現ができたらいいなぁと今でも憧れています。
    あまりにも雑種な音楽のシャワーをいっぱい浴びて育ちました。

    最初は誰の曲かも知らずに「レイラ」の最初のリフから後半のピアノソロに至るまでの醍醐味が印象的だった。
    洋楽のコンサートに初めて行ったのも「DEREK AND THE DOMINOS」
    中学3年生の京都会館だった。
    オープニングのレイラで震えました!


    高校1年生の時に大ヒット。「EAGLES」
    河原町で当時の彼氏とよくデートしてた。
    ぶらぶら街を歩いてレコード店から漏れて聴こえてくる「ホテルカリフォルニア」を店の外で立ち聴きしていた。

    中学3年生からディスクへ通うようになって、ダンスミュージックにハマった。
    でも高校2年生で断ちましたが!
    「Stevie Wonder」のどの曲もノリノリのリズムで、よく踊りました。
    pickupにご出演くださるミュージシャンの方々もよくカバーされますね。
    そんな時は、ノリノリで踊り出しますねぇ^_^

    兄はロック、ブルース、ジャズ、ボサノバ、R&B、ニューミュージックなどなど様々なジャンルの音楽を教えてくれました。
    今でも聴いているカセットテープもありますよ。

    関連する記事
    コメント
    コメントする








       

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

            

    links

    profile

    search this site.

    others