革めまして

0
    2019年5/2 午後5時
    自宅近くの寺の鐘が鳴り響いています。


    観光客の大勢訪れる京都祇園東山界隈で暮らすようになってもうすぐ1年。
    一歩自宅を出ると賑やかな花街ではありますが、
    耳をすませば寺の鐘が聞こえる
    穏やかな暮らしがここにはあります。

    想えば平成は多くの方が共感されたように災害の多い時代でした。
    バブル崩壊から不況が長年続き、
    それに追い打ちをかけるような災害が多く発生しました。
    常に黒い雲がかかり、輝く未来が見えずらい時代でした。

    そんな中で、2005年(平成17年4月)に祇園で開業し
    商売を生業にしている私共は、
    微かな目標と希望を抱きながら悪戦苦闘してきました。


    元号が平成から令和に変わり
    新しい時代への継承がお祝いムードの中、粛々と行われました。
    この瞬間を体験出来たことは本当に貴重な事なのかもしれませんね。

    昨今の報道で、今まで知り得なかった皇室の事情が少しは国民にも
    理解出来たのではないかとも思います。
    常に陛下は国民に寄り添って国民の幸せ安寧を祈り続けてこられました。
    この度の天皇退位〜新天皇即位の承継については、
    私のような者でも最もいいタイミングであったと感じています。
    多くの国民がそれを受け入れ且つ祝福し見守れました。

    甚だ恥ずかしながら天皇家とpickupでは比べようもありませんが、
    弊社のような小さな店でも 創業から継続、
    そして次の世代へ継承していかねばならない事はあります。
    店の継続、そして受け継ぐ者達の幸せと安寧を願い続けているのです。

    また現在、90歳の母と一緒に暮らしています。
    母はまだ常備薬など一つも必要なく元気でいてくれますが、 いずれ見送る時がやってきます。
    そして私も、いつかは現役を退く時が訪れます。

    この度の天皇陛下の退位、そして新天皇陛下の即位の儀式を 目にして
    我がpickupにも、そして我が家でも その時が訪れる事を予測して、
    そのタイミング、その継承の仕方を改めて考えさせられる事となりました。
    その事を心の隅に置きながら、いずれ訪れるその時に後悔しないよう
    また精を出していこうと思います。

    連休明けからは、再スタートですね!
    令和の時代がよき時代になりますように。


    コメント
    コメントする








       

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

            

    links

    profile

    search this site.

    others