pickup13周年

0
    お陰様で晴れました。
    本日のpickup13周年記念イベント。
    この時期憂鬱な花粉症も今年から発症せず、睡眠もちゃんと取れました。
    あとはステージでお客様とご出演者とみんなで楽しむだけです(o^^o)
    特に今年は色々決断と変化の年だったように思います。
    この日を迎えられる事に感謝です。
    是非、楽しいイベントになりますよう、皆様のお越しをお待ちしております。


    ステージ衣装

    0
      今日と明日は私、連休をいただきました。
      もちろんpickupは、シフト制勤務で営業しております。
      休み前の深酒と過労が溜まっていて、休日はいつもより爆睡してしまう。10時間は寝たかなぁ。笑
      ようやく夕方から動き出して、実家の母宅へ買い物を届けちょっと自分の買い物しました。

      今週末のpickup13周年イベントでは、我がジャパメタバンド「BKACKCARD」はオープニングを飾ります。

      これまで、pickupが主催するイベントのオヤジバンド合戦や、Scramble Bashには出演して来ましたが、pickup周年イベントには初出演なんです。

      13周年まできて会社にもなり、イベント進行の司会者も任せられるようになったので、我が「BLACKCARD」の愛すべきメンバーと大暴れしたいと思いましてトップバッターを務めます。
      メンバーの体調にもいささか不安はありますが、なんとか無事にステージを乗り切りイベントを成功させたいと願っております。
      2018年4月15日(日)
      pickup13周年記念イベント
      17:30 開場 17:55開演
      場所 京都Voxhall (河原町三条一筋南東入ル 河原町VOX5F)
      TEL  075-255-1596
      MAIL voxhall@vox.co.jp
      チケット 前売 3,000円 当日 3,500円 +ドリンク600円別
      open17:30 start17:55
      17:55〜18:15「BLACKCARD」
      Keiko(Vo) Hiroshi(G) Shige(G) Lonely(B) Mackn(D)

      18:25〜18:55「YAK.」
      ゆうみ(Vo) あさみ(G/Cho)

      19:00〜19:20「旭克隆」(Vo/G)

      19:30〜20:00「FUN-KOROGASHI」
      KEN(Vo) MITCHY(G/Vo) サポート 後藤タカヒロ(G/Vo) こんそめぱんち☆木村(G/Vo)

      20:05〜20:35「秋人」(Vo/G)

      20:45〜21:25「山村宙載 with HIS BAND」
      山村宙載(Vo) 松崎真人(G/cho) 中島かつき(B) マーティー・ブレイシー(D)

      21:30 挨拶終了

      22:00〜打上げ
      Vox ビル内 3F宴会場にて お一人様3,500円(フード&飲み放題) お客様も参加大歓迎です。
      チケットお問い合わせ
      pickup または出演者まで
      皆様のご来場をお待ちしております。
      そんな事で、今日の休日にステージ衣装と靴を買いました。
      雨ではありましたが、久しぶりの休日に買い物出来て、ゆっくり自宅にて・・・
      やっぱりお仕事しております。苦笑
      依存症かなぁ〜。・°°・(>_<)・°°・。
      結局、深夜3〜4時まで眠れませんが
      まぁでもいい身体休めにはなりました。
      新調したステージ衣装で、張り切って吠えますよ〜(o^^o)

      カレーでお祝い

      0

        ケンタの誕生日もカレーでお祝いしましたが、

        もう少し残ってますよ!


        お勉強に伺いました

        0

          2/12(日) 京都国際会館まで
          このような会には不慣れで、右も左もわからなくてオロオロしていましたら、佐藤正久さんが私達のテーブルに。
          以前何度かお会いしたことを覚えてくださっていて、感激しました。

          それにしてもたくさんお集まりになっておられ、色々勉強になりました。

          菜の花漬け

          0
            小学生の頃から漬物が大好きやった
            この季節から少しづつ出まわる
            菜の花漬け
            あの食感と薬草のような苦味

            小学生2年まで
            京都市左京区の松ヶ崎に住んでいました
            もう少し暖かくなると
            お百姓さんがリヤカーに採れたての野菜と一緒に自家製の菜の花漬けを
            売りにまわって来られた

            母にせがんで買ってもらって
            家族分の菜の花漬けを1人で食べてしまって
            怒られた記憶がある

            最近はビールか、日本酒の肴にして
            こんな袋入りならぺろっと食べてしまう

            午前5時、早朝仕事からの帰宅
            美味しいそば茶すすりながら 菜の花漬け
            また明日の楽しみに少しだけ残して
            そば茶飲んで寝ます

            大切に想うこと

            0
              アップル創業者
              スティーブ・ジョブズ氏の最後の言葉
              私は、ビジネスの世界で、成功の頂点に君臨した。
                  他の人の目には、私の人生は、成功の典型的な縮図に見えるだろう。
              しかし、いま思えば仕事をのぞくと、喜びが少ない人生だった。
              人生の終わりには、お金と富など、私が積み上げてきた人生の単なる事実でしかない。
              病気でベッドに寝ていると、人生が走馬灯のように思い出される。

                 私がずっとプライドを持っていたこと、認証(認められること)や富は、迫る死を目の前にして色あせていき、何も意味をなさなくなっている。
                  この暗闇の中で、生命維持装置のグリーンのライトが点滅するのを見つめ、機械的な音が耳に聞こえてくる。
                  神の息を感じる。死がだんだんと近づいている。。。。
                  今やっと理解したことがある。
                  人生において十分にやっていけるだけの富を積み上げた後は、 富とは関係のない他のことを追い求めた方が良い。
                  もっと大切な何か他のこと。それは、人間関係や、芸術や、または若い頃からの夢かもしれない。
              終わりを知らない富の追求は、人を歪ませてしまう。私のようにね。

                  神は、誰もの心の中に、富みによってもたらされた幻想ではなく、愛を感じさせるための「感覚」というものを与えてくださった。
              私が勝ち得た富は、私が死ぬ時に一緒に持っていけるものではない。
                  私があの世に持っていける物は、愛情にあふれた(ポジティブな)思い出だけだ。
              これこそが本当の豊かさであり、あなたとずっと 一緒にいてくれるもの、あなたに力をあたえてくれるもの、あなたの道を照らしてくれるものだ。

              愛とは、何千マイルも超えて旅をする。
              人生には限界はない。
              行きたいところに行きなさい。
              望むところまで高峰を登りなさい。

                 全てはあなたの心の中にある、全てはあなたの手の中にあるのだから世の中で、一番犠牲を払うことになる。

              「ベッド」は、何か知っているかい?シックベッド(病床)だよ。

                  あなたのために、ドライバーを誰か雇うこともできる。
              お金を作ってもらうことも出来る。
              だけれど、
              あなたの代わりに病気になってくれる人は見つけることは出来ない。

                  物質的な物はなくなっても、また見つけられる。
              しかし、一つだけ、なくなってしまったら、再度見つけられない物がある。

                  人生だよ。
              命だよ。
              手術室に入る時、その病人は、まだ読み終えてない本が1冊あったことに気付くんだ。


                  「健康な生活を送る本」

                 あなたの人生がどのようなステージにあったとしても、誰もが、いつか、人生の幕を閉じる日がやってくる。
              あなたの家族のために愛情を大切にしてください。
              あなたのパートーナーのために
              あなたの友人のために。
              そして自分を丁寧に扱ってあげてください。
              他の人を大切にしてください。


              スティーブ・ジョブス
              1955年2月24日 - 2011年10月5日




              今年は、現在一人暮らしの母と一緒に暮らせるように準備開始です。

              年末年始

              0
                2017年年末からカウントダウンそして年明け
                多くのお客様やミュージシャンの皆さんそして、以前スタッフだったメンバーも挨拶に来てくれました。

                もうpickupを卒業して5年以上経ちますが福井県から来てくれた「もっきぃ」こと高橋さん

                開店した2005年からアルバイトスタッフでしたが、今は立派な社長さんです。


                そして、「丸ちゃん」こと丸岡君
                pickupでは、ベース担当でした。
                現在は就職して東京でサラリーマン。
                でも、カウントダウンにpickupに来てくれこうしてベース弾いてくれました。


                pickupでは、大晦日から元旦にかけては、必ず毎年来てくれてここで新年を一緒に迎える仲間がいます。
                もちろん普段からお世話になりっぱなしのお客様や一緒に涙を流したり笑いあえる仲間や家族がいます。

                pickupに関わってくださる全ての方々に新年改めまして、感謝です!





                pickupは、1/5からスタートです。
                新年も皆様と共に音楽とお酒を楽しめる空間を提供出来るよう精進してまいります。

                よろしくお願い申し上げます。

                今年最後の着物姿

                0
                  今年最後の着物姿 鮫小紋
                  セットアップと着付けは、いつもの
                  http://hairmake-polish.com/
                  東向日 美容室 ポリッシュ

                  美姫ちゃん、いつもありがとうです。



                  今年は、何度も着物で出かける機会があり、意識して着るようにしました。
                  pickupでは、いつも着物姿で仕事するのはなかなか難しいのですが、パーティとか行事には出来るだけ着て出かけて行きました。

                  20年ほど前に室町の呉服屋さんで働いたことがあって、安物ばかりでお恥ずかしいですが着物は少しは持っていました。
                  まさにこの鮫小紋の着物と帯は20年ぶりに出してきました。
                  湿気臭かったんですが、スチームアイロンかけたり、部屋干ししたりして手入れすれば生き返ってくれました。
                  これからもタンスの中に眠ってばかりな着物を少しでも引っ張り出してあげようと思います。



                  さて明日は、私がボーカルいたします。
                  着物は着ませんが是非お越しくださいませ


                  12月29日(金)open20:00「浜田省吾 誕生日パーティライブ」
                  浜田省吾のお誕生日に毎年、お祝いLIVEをしています。(本人は見えません)
                  「REDCARD」
                  Keiko(Vo) 大道俊明(G) 中嶋宏(G)坪田浩治(B) サポート石塚敏(D)
                  以降、お客様の浜省飛び入りセッションです。
                  弾き語り出来る方大歓迎です!!
                  浜省ファンの皆さん、ぜひお越しくださいませ〜(^O^)
                  演奏は、雰囲気を見ながら…

                  是非ゆっくりと

                  0
                    昨日 寒さのせいか、朝起きもダラダラしてしまった1日だけの休日をいただいて、ようやく年末年始に向けて区切りができました。

                    今年は諸々想う事がたくさんあった、ちょっぴり辛い一年でした。
                    たくさんのお客様や出演者の皆様・そしてラジオスポンサー様やご協賛下さった皆様にも支えてくださいました事、お礼申し上げます。
                    また新たな仲間に支えられたことをバネに来年は飛び立ちます。
                    たくさんたくさんお世話になった皆様に・・
                    今年一年の感謝を込めて
                    ありがとうございました。

                    本日12/18と明日12/19は、スタッフQちゃんが、みかん取りに和歌山に帰省しております。
                    ライブも無く佐々木慶子 が開店から閉店までお待ちしておりますので、是非ゆっくりお越しくださいませ。


                    WHAT A WOUNDERFUL NIGHT

                    0
                      pickup を開店して12年 のその年末
                      今年は諸々想う事がたくさんありました

                      理解しあえず疎遠になった者もいれば
                      新たに仲間になってくれた者もいます

                      どの方向を向いているかまだ不安の中であっても一緒に居てくれる大切な仲間がいることもエネルギーの一つでもあります。


                      先日、異国から友人が訪ねて来てくれました。
                      とは言っても6年前までは祇園で20年、クラブやラウンジのホステスをしてお店を独立されたママで、友人というよりお世話になった大好きな方。

                      アフターに多くのお客様を連れてご来店下さり応援していただきました。
                      ご自慢の自家製キムチも大量に差入れくださいました。
                      何故か気があい、いつも友人のように色んな話しをしました。
                      そんなママがある日、結婚してイギリスで暮らすとの事。
                      私達は、別れを惜しんで何度も涙しました。



                      イギリスで6年
                      今は300坪の敷地でゲストハウスを経営されて、大成功のママがご主人と一緒に会いに来てくれました。


                      祇園では辛いことの方が多かったけれど、慶子ママと会えて良かったと・・
                      6年振りの再会にまたも涙です。

                      このように多くの方々が、また新たなエネルギーを与えてくれます。

                      気忙しい年の瀬。
                      2017年もあと僅か。
                      来年に向かうバネになるような締めくくりにします。


                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                              

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others